本文へスキップ

新しい視点で○○○を活動する MB Wind Orchestra

活動報告 2010.4-2011.3report

2011年3月21日(月祝) 
尼崎市吹奏楽連盟 練習成果発表会(第143回定期演奏会)

場所:
アルカイックホール

曲目:
マンシーニ!/A.リード編曲

指揮:圖師 邦生


塚口中OBさん、助っ人さんと一緒に出演させて頂きました。

今回の演奏会は、東日本の復興に願いを込め、尼吹連に所属する団体の練習発表会という形で開催されました。

会場には義援金を募る募金箱が設置され、出演者・お客さん、小さな子供さんが募金する姿がたくさんありました。

MBでも、この度の震災が阪神大震災の時の心境と重なり、「被災地の力になることがしたい」という思いが強く、今回の演奏にはいつも以上の力が入っていました。

被害を受けた地域のみなさんは、楽器を吹くどころか、日常生活がままならない状況で、本当に辛い日々をお送りのことと思います。

楽団として、また同じく震災を経験した者として、できることを精一杯やっていきたいと思います。

2010年12月23日(木祝) 
尼崎市吹奏楽連盟第142回定期演奏会

場所:
アルカイックホール

曲目:
歌劇「ローエングリン」より エルザの大聖堂への行列/.ワーグナー 作曲

指揮:圖師 邦生


塚口中OBさん、小田高OBさんとの合同出演でした♪

毎回のことながら、今回の『エルザ』も手強い曲でした
(>_<)

ピッチは合わない、高音は響かない、最後は息が持たない… あまりのないない尽くしに、練習当初は「これはさすがに無理かな」と諦めムードが漂っておりました。

練習を重ねても、なかなかエルザちゃんのことを好きになれない団員が多く、

「ほんまにエルザやるの(T_T)?」

と泣きそうな人、続出(^^;)

これほどまでに「やるゾ!!」「嫌だ!!」と団内で意見の対立が長引いた曲も珍しいです(^_^;)

しかし、困惑するうちに

「音を響かせるってどうすればいいのかな?」

「音色をそろえる吹き方を見つけよう」

と自分自身の課題、合奏時の課題を探すようになっていました。

課題をクリアしきれなかった部分は多々ありますが、今回のメンバーじゃないとできなかった響きを経験できたことで、今後のサウンド作りに向けた課題が具体化したと思います☆

良くも悪くも忘れっぽいMB吹奏楽団ですが()、今回得た響きや集中力は、来年も持続させていきたいですね♪

塚口中OBさん・小田高OBさん、ありがとうございました♪

2010年7月18日(日) 
尼崎市吹奏楽連盟第141回定期演奏会

場所:
アルカイックホール

曲目:
ハリウッド万歳/リチャード・A・ホワイティング作曲

指揮:図師 邦生


塚口中OBさん、2名の賛助の方々と出演させて頂きました♪

『ハリウッド万歳』は慣れないスウィングや3連符に四苦八苦しましたが、「わから〜ん」と言いながらも繰り返し繰り返し熱心に練習し、みんなで克服することができました。

練習中の団員の真剣な表情は素敵でした☆

本番では緊張のためかポロリポロリとミスはありましたが、清々しい気分で演奏することができ、また一つ楽しい夏の思い出ができました♪♪